色彩検定はどのような資格と相性が良いか?

MENU

相性が良いのは?

自分が将来就きたいと考えている仕事の幅を広げるためもしくは、趣味の延長、就職や転職の際に有利にするために取得を目指す人が多いと思います。

 

文部科学省後援の資格ということもあり、多くの人が勉強・取得してきました。

 

この資格を取得すれば、それ一つでも履歴書に記入できて有利に働くことがありますが複数の資格を組み合わせることでさらに自分の能力をアピール出来ます。

 

取得した場合、他にどんな資格を組み合わせると良いのでしょうか。

 

それは自分がどういう仕事に就きたいと思って、色彩検定を取得したかによります。

 

 

Webデザインの業界に就きたいのなら「Webデザイン技能検定」や「Webクリエーター能力認定試験」

 

インテリア系に進みたいなら「インテリアデザイナー」や「インテリアプランナー」

 

フローリストを目指しているなら「フラワー装飾技能士」

 

洋服の販売員になりたいなら「販売士」

 

企画の仕事など事務系の仕事を希望しているなら「秘書検定」やマイクロソフトオフィスの資格などがあります。

 

カラーコーディネーター検定でレベルアップ

色を扱った技術はは色彩検定だけではありません。

 

東京商工会議所が行っている「カラーコーディネーター検定試験」も色にかかわる資格として知名度があります。

 

こちらも3級・2級・1級とあり、全国で年に2回試験が行われています。

 

1級は難易度が高い資格です。

 

色に関係する知識をアピールするなら両方取るのもおすすめです。

色々な職種に有利

身近すぎて忘れてしまいがちですが、色は、様々な仕事に関連しています!

 

例えば・・・

  • お花屋さん
  • ラッピングをしてくれる雑貨屋さんやショップ
  • インテリアコーディネーター
  • ファッションコーディネーター

 

数えればキリがないほどです。

 

もちろん、その物を綺麗に魅せるということで色が活躍してくれますが私たちの心理状態にも深く関わっているのです。

 

代表的なものといえば、森林の緑を見るととても癒されます。

 

空の澄んだ青を見てもそうです。

 

ですので、選ぶ色をお部屋に利用することにより、心理状態も変わってくるといわれています。

 

赤や、オレンジなどとても明るい色を子供部屋にすることにより、元気な気持ちにもなると言われます!

 

気がつかないうちに、私たちは色に影響され動かされているのかもしれません。

 

生きていく上でとても大切な色に関わる仕事♪それをおおいに活かせるようになる第1歩として色彩検定の資格を取得するのはいかがでしょうか?

 

【色彩検定】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

色彩検定はどのような資格と相性が良いか?関連するページ

どのような講習なのか?
習得して役に立つことは?
技術とは?