チャイルドマインダーの講習はどのようなものか?

MENU

講習はどのようなものか?

講習ではまず、保育に関わる知識や技術を習得する前に、役割や心構えを知ることに多くの時間を割く場合が多いようです。

 

これは単純な保育者としてではなく、プロフェッショナルとしての自覚や誇りを持ったうえで保育にあたる必要があることを知るためです。

 

次に、こどもの発達過程や発達に伴う心理について学びます。

 

 

ここではこどもの年齢や発達段階に応じた遊び方、働きかけ方を実技で学ぶことができます。

 

子供1人1人の素直な心と能力や、技術、知識をしっかりと見つめて、個性をどのようにしたら引き出してあげれらるかその子供の可能性のある世界を広げてあげるような知識を身につけます。

自分に合った講座

ほかの資格と同じように、ご自分のライフスタイルによって選べる講座も今の時代、豊富にあります。

 

通信、通学、夜間コース、通信制など・・

 

そして目指すコースによっても選ぶ講座が変わります。

 

基本的なチャイルドマインダーの資格を取得したなら、もっとレベルアップも可能です。

 

チャイルドケアオブザーバーという資格も目指せます。

 

お子様とお子様を連れたご家族にのお客様に対して【安心、快適、満足】をご提供するといった基本的な知識技術などを修得したチャイルドケアスペシャリストのことになります。

 

この資格を取得すれば、お子様と関わるお仕事の幅が一気に広がります。

 

例えば・・・・

 

ホテルや旅館のような宿泊施設、航空や旅客サービス、商業施設などの子供が多い場所や、お子様連れのお客様と携わった業務をしている場所で働くことができるようになります♪

 

強いご要望によって誕生したチャイルドケアスペシャリストとしての認定資格です。お子様やお子様連れのお客様への適切で質の高いサービスを提供できるチャイルドケアオブザーバーRは、多くの職域で必要とされている

 

お子様とお子様連れのお客様に、ホスピタリテイ豊かなサービスを提供し、お客様のより高いご満足を追求する接客に関わるサービスを提供する方々にとって、必須のスキルとなります。

実践的な知識盛りたくさん

また、保育中に起こりうる事故や病気・怪我などへの対処方法も学ぶ必要があります。

 

事故が起きないような安全な保育環境づくりについて学ぶほか、怪我の応急処置から人口呼吸法まで含む小児救急救護法を実習により習得します。

 

そしてこどもの成長を支えるうえで重要な、食事・栄養への知識や衛生管理について学ぶことも重要です。

 

チャイルドマインダーの講習では上記の知識と技術を講義と実習を通して習得していくほか保護者とのコミュニケーションスキルや保育ビジネスのマネージメント方法についても講義があります。

 

こどもと過ごす保育計画の立案や、契約書・保育レポートの作成方法など、ビジネス面での実践的な知識をしっかり習得することが可能です。

 

【チャイルドマインダー】のスクール&講習について詳しくはこちらへ♪

 

チャイルドマインダーの講習はどのようなものか?関連するページ

どのような資格と相性が良いか?
技術とは?
役に立つことは?