《秘書検定について知っておきたい知識》独学で勉強しても合格するの?

この秘書検定という資格はいつ勉強しても、自分磨きになる資格でしょう。

特に、若いうちに勉強をすると、その後役立つことが多いでしょう。

ビジネスの世界について未知だった人にとってはビジネスマナーなどの基礎的なことを学べるとても有意義な資格だからです。

DSC_2109

まず何と言いましても、この資格は就職にも有利に働くことが多いでしょう。

更に、働き始めてからも秘書検定の勉強をしておいて、つくづくよかったと思うはずです。

是非、多くの方に勉強をしていただきたい資格のひとつです。

尚、このには3級、2級、準1級、1級とあります。

準1級と1級には面接試験という2次試験があります。

誰でも、どの級からでも受験ができます。

ですから、難易度は高いですが、いきなり1級というのも可能です。

では各級についてチェックしていきましょう。

DSC_0644

検定 3級

まだ働いたことのない学生さんですと、この3級の勉強をしただけで世界が変わるでしょう

それまで全く、あるいはほとんど知らなかったビジネスに関することを効率よく学ぶことができます

この3級の勉強が終わり、それをしっかりと身につけると、かなり大人になったような気がする人が多いでしょう。

3級ですとテキストを読みながらの独学でも身につけられるでしょう。

ただ、この上の級の基礎になりますから、しっかりと覚えておきましょう。

3級の内容は大人として、社会人として覚えておきたいことばかです。

合格率は60%くらいだと言われています。受験料は2,600円です。

検定 2級

3級に比べると、専門的なことも覚えないといけません

学生さんですと、独学で勉強する場合は難しいと感じることもあるかもしれません。

初めてみたり、聞いたりすることも多いでしょう。

合格率は50%くらいだと言われています。

ちなみに2級から受験する人も多いようです。

働いたことのある方ですと、市販のテキストを読むだけでも合格できる可能性は高いでしょう。

受験料は3,800円です。

DSC_0648

検定 準1級

準1級を取得していると自信を持って履歴書に書くことができます

準1級と1級には面接試験もあるので、マナーなどを頭で覚えているだけではなく、きちんと実践できないといけません。

ですから、合格できるということはそれなりのビジネスのスキルはあると見なされます。

評価が高いのです。ですから、頑張って学生のうちにこの準1級を取得しておきたいものです。

受験料は4,900円です。

検定  1級

秘書検定では最高峰のc級です。

もちろん難しいです。

その分、評価もとても高いです。

以前はこの1級を受験するには英検の級が必要だったので、英語が得意でないと受験資格すらなかったのです。

が、現在は秘書検定1級を受けるのに、英検は必要ありません

1級は筆記試験が全て記述式です。

ですから、しっかりと勉強をしないと合格は難しいでしょう。

独学で頑張るならば、しっかりと計画を立て、はやめに勉強をしはじめたほうがよいでしょう。

尚、1級であれば、通信教育やスクールに通うなどするほうが楽しく、そして効率的に勉強をできるかもしれません。

わからないことを講師に質問できることも魅力です。

就職や転職を少しでも有利にするために、秘書検定1級は頑張って合格しておければ、ものすごく自信になりますね。

受験料は6,100円です。

※ 2級と3級の同時受験、準1級と2級の同時受験が可能です。

todolist

秘書検定について、そして各級についてはこのような感じになります。

社会人になる前に、勉強をして身に付けておくとよい代表的な資格と言ってよいでしょう。

3級ですと独学でもわりとすらすら勉強できるでしょう。

ただし、級が上がるにつれて、内容がビジネスに関する深い知識が必要になってきます。

まだ働いたことのない学生さんの場合、そのビジネスの分野に興味を持っていなければ、独学ですと難しく感じることが少なくないでしょう。

結論としては2級くらいまで独学で頑張ってみて様子をみてもよいでしょう。

しかし、将来絶対に役立つ資格と考えて、はじめからしっかりと通信教育などで勉強するのも、かえって近道になるかもしれません。

わからないことを質問できるということは大きなメリットです。

パソコンで勉強できるweb講座などもあるので、1人だと勉強が続かないかも、という人は受講を積極に考えてみてもよいのではないでしょうか。

さて、あなたはどうしますか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ