絵を習いたいけどお金かけたくない|デッサン絵画教室オススメポイント

子供の頃は絵を描くのが好きだったとか、特に絵が好きなわけではなかったのだけど、上手に絵が描けるほうだったという人というのは結構いるでしょう。

しかし、大人になるに従って、気がつくと絵は描かなくなる人が多いようです。

日々、忙しかったりして、何となく絵を描くということを忘れてしまうというか、生活の中から抜けていくのでしょうね。

DSC_1029

ところが、子育てが落ち着いたり、生活のパターンが変わって自分の時間が持てるようになると、絵が描きたくなる人が多いようです。

パソコンなどが普及してきています。

デジタルの世界に 子供の頃から絵が得意だったとか、好きだったという人だけではなく、それまで興味を持ったことのない人でも、絵を描きたくなる人が結構いるようなのです

今回はそれまで絵について、全く興味がなかった人が簡単に習える通信教育を紹介しましょう。

DSC_1031 

色鉛筆画 ・色鉛筆画手軽にはじめられるでしょう

用意する物が少ないです。

更に、初期投資が少ないだけではなく、ずっと、ちょこちょこと買い足したりしていけばいいので、ずっと続けていけそうなのも魅力です。

色鉛筆で塗るだけという行為を楽しみたければ、100円ショップで、大人用の塗り絵ブックが売られていたりもするので、それで塗り絵を楽しむ事もできます。

100円ですから、好きな絵だけ塗ってみるだけでも、とてもよい気分転換になりますね。

絵手紙 絵手紙が人気

実際に楽しんでいらっしゃる方も増えているようです。

この絵手紙、葉書という決められた大きさに描くというのが魅力的ですね。

大きすぎなく、また小さすぎる事のない、とてもよい大きさですね。

日常生活の中に絵を描くというそれまでしていなかった趣味を楽しむ場合、ちょっとしたスペースで、ちょっとした時間に絵を描けるほうが都合がよいのですよね。

そして、自分で描いた絵を誰かに送るのも、とても喜ばれるでしょう。

実際にそれは葉書なのですから、それが本来の目的ですものね。

今時、全く同じ絵は存在しないというアナログの絵が描かれている葉書などをもらえるなんて、多くの人にとってはとても貴重なことでしょう。

一度ももらったことのない人もかなりいるのではないでしょうか。

人を一瞬でも楽しい気分にできるのって、素敵だと思いませんか? 

DSC_1033

水彩色鉛筆画

この水彩色鉛筆画は色鉛筆の良さと、水彩画の良さをあわせ持つ、とても楽しい絵です。

それで、人気もどんどん高まってきています。

幅広い年齢層から支持されており、はじめてしまうとやめられない魅力があります。

この水彩色鉛筆では普通の色鉛筆画も描けますし、水彩画も描けます。

しかし、最も面白いのは水彩色鉛筆の溶かし方を部分部分で変えて、絵の質感を変えるところでしょう。

水筆、あるいは筆で、ほんの少し色鉛筆で塗った部分を溶かすだけで、おもしろいほどに表情を変えるのです。

この水で溶かす時にかなり迷ったりするのですが、それもまた楽しい部分です。

軽い感じにも、しっかりした感じにも仕上げられる楽しさがあります。

いかがですか? 

どの絵に興味がありますか? 

自分の興味があるものをはじめるのが一番です。

色鉛筆画からはじめて、水彩色鉛筆を使ってみて、そして、絵手紙に移行するのもおもしろいかもしれません。

また、自分で描いた物を額に入れて、お部屋のあちこちに飾るのもかなり楽しいですよ。

お客様がいらした時には話題のタネになりますしね。

更に、自分の描いた絵は何となくその時の自分の心境とか、状態を表していることが多い感じがします。

ですから、あとで見ると、何となくその絵を描いた時の状況が思い出せて楽しいものです。

大人のお絵かき、はじめませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ