ストレス社会を生き抜くコツがわかる!?メンタルヘルス・マネジメントIII種

私は、子供のいないアルバイトをしている主婦です。

夫が勤めている会社は、大手企業で毎年何かの資格試験に合格する必要があります。

2011年に夫はメンタルヘルス・マネジメントIII種を合格したのです。

そのため、夫がある日、「あれはいい試験だからあなたもうける?」といいます。

ストレス社会でメンタルに悩む人が多いことと、大阪商工会議所主催の試験で履歴書にも書けるために受験を決めます。

主人の会社にてセミナーで勉強

私が目指したメンタルヘルス・マネジメントIII種は、80%の合格率があるのでそれほど難しくないです。

こちらの内容は、会社で勤務する社会人が心の病気になった時のセルフケアの仕方になります。

試験は、択式の問題です。

メンタルヘルスの意義やストレスの解消方法などの50問出題されて70点以上で合格になります。

他にもメンタルヘルス・マネジメントII種、I種とあって、特にI種(合格率10%ほど)関しては、かなり難しいです。

そのため、メンタルヘルス・マネジメントI種を目指す方は、しっかり勉強をしないと合格できない流れになります。

話は変わって、夫の会社で、メンタルヘルス・マネジメントIII種の1日セミナーを開催していて家族は、格安の価格でうけることができたのです。

私はセミナーの講義をうけることした覚えがあります。

講師が「大変な時代で、自分では大丈夫と思っていても調子を悪くしないようにセルフケアができるコツ」の解説をしてくれたのです。

講義内容を、私のアルバイト先の職場の環境におきかえると理解が深まった記憶があります。

また、自分自身がストレスをかからないようなテクニックを学べたとも考えています。

もちろん、セミナーだけで試験の勉強を終えることないです。

私が地方に住んでいるために、こだわりの本を購入するために、インターネット通販を使ったのです。

セミナーをうけているせいか、本を読んでいても内容が理解できて勉強がサクサク進みます

次第に、メンタルヘルス・マネジメントIII種に合格!するという自信ができたのです。

もちろん、3ケ月ぐらい毎日1時間は必ずテキストの勉強する努力もしています。

特にうつ病などの心の病気がこまかくわかれていて専門家ではないので、覚えることに苦労した覚えがあるのです。

試験をうけて合格!

メンタルヘルス・マネジメントIII種の受験地域は限られています。

私の努力と自信から、気持ちに余裕があって試験の後に夫と遊びにいくつもりで、一緒に行ったのです。

夫と二人で電車に乗っていきましたが、夫が、「参考書をみなくていいの?」といった位になります。

当日、試験会場に行くとたくさんの人がいて驚いたことを記憶しております。

メンタルヘルス・マネジメントIII種は、夫と同じように自己啓発でうけている社会人や学生が多かったです。

試験内容は、難しくなくて試験時間の30分後ぐらいで会場から退出します。

そのあと、都会で夫とショッピングをしてディナーを食べて家に帰る流れになります。

そして、1ケ月後ぐらいたって結果が届きました!!

が送られてきたのです。

この試験は、真面目に勉強をすれば難しいことはないと考えます。

ただし、これからのストレス社会を乗り切るためにはいい勉強です。

この試験内容が会社で働いてストレスをさけるコツですから、学生や転職する時に、メンタルヘルス・マネジメントIII種資格をもっていることで、心が不調になるトラブルをさけられる人と企業から判断され合格する可能性はあります。

そもそも心は目にみえないので、いいアピールになるはずです。

私は、ストレスのセルフケアができればいいので、その先の受験は考えていないです。

これからのストレス社会を生き抜くコツのきっかけをあたえてくれた夫に感謝しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ