宅建の効率よい勉強の仕方を発見!!新しいスタイルで受かるコツ

不動産会社の事務員の仕事について少しお話をしますね。

不動産会社の事務員の仕事は主にアパートの貸し借りを中心の業務をおこなっています。

アパートを借りた方は知っているように、建物のこまかい「説明」をしてくれる人がいるのです。

その方が、「宅地建物取引主任者」になります。

この方は、事務所に5人に1人が必要です。

私の会社にもいます。

そして、私が宅建を目指そうと考えたのは、不景気で給料がへってしまって合格すると資格手当てがつくからです。

そのため、スキマ時間を利用して勉強をはじめています。

新スタイル? 勉強方法

今までの宅地建物取引主任者試験は、今年から宅建建物取引士試験という名前になります。

私がこちらの勉強をするにあたって、通学か?通信か?独学?と迷ったことを覚えています。

私はインターネットで調べたら、「宅建の家庭教師」を派遣するサイトをみつけたのです。

現代の時代ですから、個人情報を大切に扱って、メッセージのやりとりはすべ事務局のサイトのメッセージボードを通じておこないます。

さらに、駅前の人通りが多い喫茶店などが講義指導の会場になります。

レッスンはメッセージボードで講師と都合をあわせて、その都度払いです。

宅建士の家庭教師は、無料体験レッスンをしてから入会するか決められることで気軽に申し込むことができたのがよかったです。

当日、ちょっと緊張して、指定の会場に出かけて、講師に会えたのでホットした記憶があります。

先生と合流できて、「宅建の効率よい勉強の仕方」についてきちんと指導をしてくれ人があたりもよいです。

宅建士の合格のコツは、

  • 「権利関係」(民法の決まりごと)
  • 「宅建業法」(建物の売り、貸しの時の情報)
  • 「法令上の制限」(どこに建物を建てたらいいか?税金など)

の試験項目を勉強します。

そのあとで、問題をといて、3回そんな勉強をするスタイルがよい話です。

最後の仕上げは、過去10年分ぐらい問題を回答する練習をすれば完璧と話をされたのです。

講義中で私が考えたのは、今はわかりやすい参考書があります。

先生の話を参考にしながら、参考書を選んで、学習して日時を決めて先生に指導をうけるスタイルにしようと考えたのです。

講師との意見もその方向で一致して、次回レッスンまで勉強を続けていきます。

勉強スタイル

不動産会社は、休みが少なく時間もとりづらいです。

そのため、効率よく勉強をするかということを考えて参考書を選ぶために複数の本屋をチェックしたのです。

もちろん、最新の知識が勉強したいから参考書は、2015版の購入をする流れになります。

しかし、過去問題

は、お金がかかるために古本屋にいき購入をしたのです。

古本屋で、私が考えた宅建士の問題集(2013年度版)が見つけてホットした覚えがあります。

私は、参考書が、わかりやすくて、勉強が進んでいきましたが、過去問題が難しくてわからないです。

そのため、2回目に先生に会うときのために、わからないところのチェックをしておいた質問をすることにします。

そんな勉強を繰り返して、2回目のレッスンの受講日になります。

先生は、「権利関係」という民法の改正がある動きも説明したので、直接指導の生の情報に感動したのです。

民法の改正が影響されるのは、2、3年後という先生からの話になります。

2回目の講義は、「宅建業法」について、宅建業法について、免許の種類、免許をうけられない人はどんな人か?などの指導です。

宅建建物取引士試験を勉強されるとわかりますが、問題は自動車学校の試験のようにまぎらわしい問題がでてきます

某サイトも、喫茶店の宅建の家庭教師なんて、新発想の企画を考えたものですが、新スタイルの勉強が私にあっています。

プチ通学講座のおかげで、モチベーションがおちずに勉強が続けられているのです。

同じ方法で何人も合格している実績があるもの魅力の一つです。

先輩の話を聞くと自然と自信が湧いてきます。2015年の宅建士の試験の申込みは、7月1日からで10月18日(日)が本試験なります。

宅建建物取引士試験に必ず合格をして、資格手当てをもらおうと考えています。

この試験は、15%しか合格できない難しい試験なので、合格すれば自分の自信にもなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ