着物着付の資格はどれだけ役立つ?

着物の着付けの資格はいわゆる民間資格と国家資格の両方があります。

着物の着付け資格は直ぐに就職や仕事に役立つかと言えばそんな事はありません。

基本的にこの資格は、自分自身が着物を着る為のスクールです。

ですが、着物の着付けの資格には、スクールによって違いますが大抵は段階があるのです。

最終的に仕事に役立てたり、就職に役立てたりする事は可能な資格です。

これは、どう言う意図でこの資格取得に臨むかによって変わります。

ここでは、着物の着付け資格をシッカリ自分の仕事に役立てる方法を考えていきます

着物着付け資格の概略

着物の着付け資格は国家資格の場合は着物技能士と呼び、1級と2級の資格があります

しかし、国家資格の場合、結局は民間資格のスクールに通うか、仕事として5年の実務経験のどちらかが必要となり、これが受験資格として制定されています。

着物技能士の資格があっても、一般的には浸透していない資格ですのでユーザーにとっては訴求感のない資格です。

民間資格でも充分な着付けの技能は学ぶ事が出来ますし、段階ごとのカリキュラムがあるので、より高いレベルを求める事も可能です。

もちろん、自分次第ではありますが、民間資格でも充分国家資格の着付け技能士と変わらないレベルでの着付けを習得出来ます

着物の着付けを生業とする場合、民間資格でも国家資格でも問題なく行えますので、芸術、伝統、文化などの観点で学ぶ必要がないなら民間資格取得を目指すのが賢い方策です。

着付け資格の段階とは?

これはスクールによって変わってきますが、一例を挙げますとまずは基本的な事を学ぶ基礎科、研究科、師範科、高等師範科、実務科と言った具合に用途によってレベルアップが可能です。

個人の教室でない限り、大抵はこう言った種類別のカリキュラムがあるところがほとんどです。

自分自身が、この資格をどう利用するかによって、自分自身で段階を踏む事が出来るので無駄なく学ぶ事が出来るのです。

着物着付けの資格は役に立つ?

着物着付けの資格は基礎科を修了するだけでは、精々が自分自身が着物を着る事にしか役立ちません。

とは言え、師範科を修了しても簡易な着付けの教室を出来る程度のレベルです。

着物の着付けはかなりのレベルで習得しなければ、着物販売の店舗に就職する時に優位と言う程度が良いところです。

もちろん、就職難の昨今、就職に有利と言うだけでもそれなりのメリットはありますが、資格を最大限に活かしているとは言えません。

着付けと一口に言ってもどんな種類があるか知ろう

着物と聞くと、結果的には全て同じでは?と考える人が多い事だと思います。

どの科を修了するのかと同時に、最終目標の為には、数多ある着物の着付けを覚えなければ仕事には通じてきません。

着用の種類だけでも


男の子用袴

女の子用振袖

女の子用被布

女性用振袖

留袖

男性紋付き袴

花嫁無垢

花嫁色打掛


など、細分化すればまだまだあります。

しかも、ここへ帯の結び方が入ってきて組み合わさるとその方法論は数百ものパターンが考えられてくるのです。

まずは、実務の前にどれだけの着物や種類があり、帯の種類や結び方、着物との組み合わせがどの程度あるのかの基礎的な部分を覚える事が先決です。

着物着付け資格の活かし方

着物の着付けを取得しても、どこかの店舗に入社して使うのはあまり得策ではありません。

着物に精通し、着付けがキチンと出来るならフリーの着付け師になる事がこの資格の最終目標と言えます。

結婚式などは和装離れが起きていますが、それでも花嫁、花婿の両親や親族は和装姿で臨む事がまだまだ多いものです。

6

こう言ったケースですと、どこかの美容院が受け持っていてもスタッフだけでは間に合わないケースがほとんどで、外注できるフリー着付け師は重要視されます。

もちろん、事務所は持たずに電話一本でユーザーと直接受注出来ますので、初期費用がほとんど掛らずに経営を出来ると言う職業です

色々な会場や美容師、写真館などと懇意にしておけば仕事にあぶれる事はありません。

現在は和装の着付けが出来る人材が著しく不足しているので、仕事がないと言う事はありません。

その為には、更なる高みを目指して高等師範科や実務科で、実践に即した勉強をする事が好ましいでしょう。

そうしておけば、空いた時間で教室も出来ますし、高等師範まで取得していれば、取得した学校の講師になる道も開けます。

着物着付け資格のメリット

当然フリーでやるのがベストですので、自分の都合に常に合せる事が出来ます。

産休などでも自由な期間とれて、産休明けも勝手に決める事が出来ます。

基本的には、多忙な時期は


結婚シーズン

七五三シーズン

成人式シーズン

卒業シーズン


それ以外はコントロールし易いでしょう。

もちろん、副業も自由ですので最大限お金を稼ぐ事がやり方次第で可能になります。

フリー着付け師のデメリット

36

フリーになると当然客がつけばその稼ぎは大きくなります。

また、時間を自由にコントロール出来るメリットがあり、全てにおいて先行きの展開を変えることが可能です。

自分自身の技術がすぐに売り上げに繋がっていきますので、やり甲斐も出てきます。

しかし、大きなデメリットもあります。

まずはコンスタントに仕事が入るようにする必要があります。

この為には、美容院、会場、写真スタジオ、レンタル衣裳店などと契約する必要があります。

そうなると料金体系は基本的に契約したところで様々になります。

また、結局は自身で経営する事と同じですから、パンフレットや料金表を作ったり、ウェブサイトなども作る必要があります。

最近では代行してくれるところは少なくありませんが、自分自身で作成するのが最も安上がりです。

また、軌道に乗るまでは自分で営業活動に精を出さなければなりません。

そういった事が面倒ではなく、やり甲斐を感じるなら是非チャレンジすべきでしょう。

着物着付けの資格はいつまでも役立つ

着物の着付け資格は、一度最も高位の資格、つまり高度師範の資格を取得しておけば、中休みをしても復帰が容易です。

着物は日本の伝統衣装で、その着付け方法が変化する事はありませんし、一度覚えて手に馴染んでしまえば忘れる事もありません。

結婚や産休で休んでも、自分自身のタイミングで復帰出来、休み以前と変わらぬ収入を得る事が出来るのです。

また、着付けの料金は時間給ではなく、1本いくら、1人いくらと言った体系ですので、短い時間で普通のパートよりも数段良い金額を得る事が出来るのも良いところです。

子育てなどをしながらずっと続けていく事が出来る仕事なのです。

いかがでしたか。

民間資格と国家資格もある着物着付けの資格ですが、フリーとして活用すると大きなメリットがあります。

つまり、無店舗型の店舗経営者、企業経営者となる訳です。。

資格は常に最大限活かせる事が出来る形で利用する事が大事です。

これまで、どう言う使われ方をしてきたかだけではなく、その資格で出来る事を自分自身で詳細に調べる事が重要なのです。

案外、誰も気付かなかった利用の仕方があるかも知れません。

資格は取得したところがゴールではなく、取得してからがスタートなのです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ