その資格生かされてますか?美容師免許の本当の活かし方とは?

美容師免許とはどんなもの?

資格は現在一つ一つかぞえあげるキリがないほど存在します。

しかし、性質がそれぞれ違います。

大きく分けると国家資格と民間資格とがあります。

ここでは、国家資格である美容師免許についてお話ししていきたいと思います。

美容師免許は国家資格の中でも比較的取得し易い分類の資格です。

実は多くの皆さんが勘違いしているのですが、美容師免許を必要とするのはカットをする為にあるのです。

他のワインディングやヘアダイなどの諸々の美容室における作業では資格を有していなくても行う事は不可能ではありません。

カットだけが他人の髪の毛、頭周辺にハサミを入れると言う事で必要とされるのです。

とは言え、学校では理論や衛生について学ぶ他、実地として美容室全ての業務の練習をします。

免許の取得の仕方としては、


全日制の学校へ2年間通うか?

夜間制へ2年間

通信であれば3年間専門学校へ行く


必要があります。

一昔前は通信学校の場合は実際に美容室に勤務している事が条件でした。

現在は学校によって違いがありますので、事前にシッカリ調査しましょう。

美容師免許取得の流れ

美容師免許は決して安くありません。


全日制 2年で約200万円

夜間制 2年で180万円

通信 3年100万円


おススメはやはり働きながら取得出来る通信制です。

美容学校の場合、理論や衛生管理等の枠が比較的多く、実践的には向きません。

最終テストには、実地もあるので試験合格を確実にしたいならば美容室で働く事が一番の早道です。

とは言っても、卒業試験自体はそれほど困難なものではないので、ここでの実地に落ちるようですと将来的に厳しいかも知れません。

実技はワインディング、レイヤーカット、フィンガーウェイブの内のいくつかです。

美容学校にいる講師が美容師の中でも高いレベルにある人とは限りません。

またマンツーマンで教えてもらえる訳ではないので、漫然とした練習になってしまいがちです。

その点、通信制で美容室に従事しながら練習すれば高いレベルでの練習になります。

美容学校は、こんな風に実地と筆記があり、これらを2年間学びます。

そして、卒業に際して試験があり、合格すれば見事美容師免許を取得出来るのです。

美容師免許をとっても役にたたない?

こうして苦労して取得する美容師免許ですが、昨今の美容業界においてはあまり必要とされていません。

と言うのも、この不景気でどこの美容室も経営が成り立たなくなっているのです。

実は免許を取得したからと言って、美容の現場ではほとんど役に立たないのです。

免許所持イコール美容業務全般における仕事を保証するものではないのです。

免許を取得せずに入社した人を見習いと呼び、免許を取得したが入社したばかりで現場に立っていない人をインターンと言います。

経営が厳しい美容院ではインターンよりも見習いが小間使いしてくれる事の方がずっとメリットがある訳です。

実はこれに関しては不景気だけが理由ではありません。

一番の問題は労働基準法にある最低賃金が定められたからです。

これが制定される前は、見習いであれば月5万円前後、インターンなら月7万円前後と言う賃金の安さだったのです。

このお陰でどこの美容室も多くの雇用が出来た訳です。

つまり、この事で現在は逆に美容師への門戸が狭くなったと言えるのです。

現在は見習いであっても手取りで12万円前後、インターンなら14万円前後になってしまいます。

これでは倍以上の賃金になり、どこも雇う事が難しくなっているのです。

美容師免許を役立たせるには?

今の時代はサロンで成り立たせていくのは非常に困難です。

必死に勉強した美容の技術も全く無駄になったりします。

また、美容関連の開業をする時には、管理美容と言う資格も必要になります。

当然、免許取得直後はどこかのサロンで修行するしかありません。

技術を習得するには小さいサロン(2〜3人規模)ならカットまでで約2〜3年で修了出来ます。

大きなサロン(5〜10人以上規模)なら、早くて5年かかります。

しかし、サロンの選択は習得する早さで選択すべきではありません。

美容師が一生仕事を続けていくには、目標をサロン経営においてはいけない時代です。

では、何をすれば良いのでしょうか。

一番儲ける方法は、婚礼です。

44

婚礼の場合、店舗を設ける必要もありませんし、フリーで出来ます。

また、お客様1人当たりの単価が異常に高いので、サロンを持って維持していくよりも数段経済的です。

美容師免許の最高の活かし方、婚礼の為にすべきこと

当然、美容学校でも和装、洋装問わずに花嫁のヘアーメイクの勉強はします。

しかし、それだけでは全く現場では不足となります。

婚礼は時間との競争になりますから、そう言う事も含めて学んでいく必要があります。

実は大きなサロンは、婚礼に力を注いでいません。

小規模のサロン程、婚礼には力を入れています。

そこで、資格を短期間で最大に活かす為には小規模で、婚礼のヘアーメイク着付けの腕がたつサロンへ入社するのが一番なのです。

2〜3年もすれば1人で現場に立てる様になります。

これさえ押さえておけば、産休などで一旦休んだりしてもいつでも復帰が出来ますし、常に需要があるのです。

いかがでしたか。

国家資格でもある美容師免許ですが、方向性を考えなければ遣い道のない時代になってしまいました。

しかし、利用の仕方1つで、自分自身の都合に合わせてコントロール出来る資格とも言えます。

せっかく取得した資格ですから無駄にならない様にしましょう。

また、これから取得する人は現在はこう言う性質になっている事に留意して進むべきかどうかを考えて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ