MOS資格でスキルアップ大成功!!履歴書に書いてパソコンの実力アピール

マイクロソフト オフィス スペシャリスト資格を目指して合格したこともあります。

その理由は、他でもない私が、パソコンインストラクターだったからです

別に資格がなくても仕事ができないこともないのですが、生徒さんが目指す試験をうけてないというのも話しにならないのです。

パソコンインストラクターを退職した理由は結婚になります。

しかし、現在は派遣社員として働くために、新しいバージョン(ワード、エクセルはどんどん進化しています。)の資格取得を考えています。

この試験、どんどん難しくなっているのも知っていますし、これだけで通用しない世の中ということも把握しているのです。

しかし、MOSがまずないと話しにならないと考えています。

最後に取得したのはMOS2007

現在、MOS試験オフィス「2013、2010、2007」です。

ご存じの方が多いと思いますが、オフィスは英国のマイクロソフト社が製造元です。

パソコンの進化があって、新しいソフトが作られています。

世に出た西暦ごとになっています。オフィス「2010」であれば、2010にでてきたということです。

私は、オフィス「2000、2002、2003、2007」までパソコンのインストラクターをしていたのです。

そのため、資格を自主的に取得していったという流れになります。

少し特殊かもしれませんが、パソコンインストラクターでありながら、ソフトなどの流れが早くで、自宅でソフトを購入することが経済的に無理だったのです。

そのため、自宅で勉強ができないので、勤務先でタイムカードをおした後に生徒として学習を進めていったのです。

パソコンインストラクターでも専門学校出身者は別かもしれないです。

しかし、私はもともとMOSを合格しただけの素人だったので、新しいソフトを勉強するのはとても大変で生徒として、テキストを読み進めて元同僚に質問したということを記憶しております。

さらに、みなさんも、存じように最近のテキストでは、模擬のプログラムもついているのです

もちろん、どんどん勉強は進んでいったのです。

自分の教室では資格をうけない私(笑)

ワード、エクセル、パワーポイントと受験をしたわけです。

もちろん、自分の教室で受けられるのですが、うけなかったのです。

その理由は、万が一、試験に落ちた場合に格好が悪いということになります。

さらに、生徒様の手前もあるのです。

そもそも、MOSは全国の一斉試験と、いろいろなパソコン教室でうける試験の形式があります

私は、他のパソコン教室をいって資格をとったのです。

おかげさまで、1ケ月に1つのペースで資格の合格

をしていくことができたのです。

もちろん、資格をとりつづけたおかげで生徒様への指導がやりやすくなったということもつけくわえておきます。

今後の展望

現在は、事務員のパートをしています。

いまは、MOS2010ももっているために、改めて資格をとりなおすことも考えているのです。

体験版のCDをインストールした画面

これは、私に限らずにそうだと思いますが、目の前に目標ができるとやる気がうまれます

なんとなくワードやエクセルの勉強をしないという人とは違うと考えているのです。

また、MOS試験は知名度が高いです。

しかし、今は厳しい時代になり、この資格だけでは価値がないのが現実になります。

そのため、MOS試験+好きな分野の資格で自分のウリにしたいと考えている今日この頃です。

さらに、MOS試験は、どんどん新しくなって取得する「むなしさ」を考えている人もいるはずです。

しかし、オフィスの基本は同じなので、「自分が必要な時」にガッツリ勉強をして、資格をとって希望する仕事に就職して、時期がきたらとりなおしもいいと考えます。

その時は、イチから勉強するより間違いなくとりやすいことに気がつくはずです。

今ではeラーニング(パソコンで勉強)等もあり勉強がとてもしやすくなっています。

そしてパソコンの普及にともない、必要性を感じた方は、ぜひこの資格の取得はお勧めになります

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ